レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

2011年回顧カレンダー

世界の美しい鳥に会えました(^o^)

今年も1年お付き合いいただきありがとうございました。世界の野鳥で今年を振り返ります♪

お屠蘇気分も抜けない内からロタ島でお目出度い紅白の鳥を見てきました。アカオネッタイチョウ(Red-tailed Tropicbird)と



シラオネッタイチョウ(White-tailed Tropicbird)です。南海の島らしい雰囲気を味わってきました。



日本へ帰ると東日本大震災、ベニマシコも雪の中で寒そうです。



春の訪れはミソサザイの囀りから。



高原の初夏を彩るオオルリもやってきました。



夏はアフリカのウガンダへ。ハイガシラショウビン(Grey-headed Kingfisher)を始めとする多くのカワセミ類に会えました。



そして大好きなシマオアフリカキヌバネドリ(Bar-tailed Trogon)にも(^o^)



ウガンダのハイライトはルリハシグロカワセミ(Shining-blue Flycatcher)、会えたときは感動しました。



夏が終わる頃、巣立ったキビタキの幼鳥が庭に遊びにきました。



葉が枯れかけたノリウツギカワセミが。



冬の寒さを避けて行ったバリ島ではヒメアオカワセミ(Small Blue Kingfisher)に癒されて。



絶滅が危惧されているカンムリシロムク(Bali Starling)にも合うことができました。



今年は久しぶりに雪の高原で年を越しています。来年がいい年になりますよう、良いお年を(^^)