レッドドラゴンの鳥見旅行記

レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

ナミビアのキソウテンガイ(Welwitschia)

2000年を生きる植物

この日の朝、南アフリカケープタウン(CapeTown)からナミビアのウォルビスベイ(WalvisBay)へ。

ローカルな路線なのでケープタウン空港のゲートも外れの方でしたが、アフリカらしい絵や装飾を楽しめました。

小さなプロペラ機に歩いて乗込みます。

乗客は全部で14名。ケープタウンに別れを告げて、

ナミビアに入ると一面砂漠です。

荒涼とした中にも、

道らしき線が通っていました。

到着すると再び歩いてターミナルへ。

ウォルビスベイ(WalvisBay)空港です。

ナミブ砂漠はまともな道が無いという情報だったのでレンタカーはやめ、アフリカの旅行会社にプライベートガイドツアーを頼んでおきました。ここでガイドと待ち合わせ。

到着した日にキソウテンガイ(Welwitschia)を見に行きたいと事前に旅行会社に伝えてあったのですが、ウォルビスベイ市内のホテルへ向かう途中ガイドと話すと聞いていないとのこと。こういう行き違いはよくあることなので当初の依頼を説明し直し、チェックイン後出かけることになりました。

市内のホテルから約1時間、砂漠の真ん中にその植物はありました。

キソウテンガイ(Welwitschia)、別の和名はサバクオモトです、砂漠にいきなり現れた姿は本当に奇想天外ですね。沢山の葉が重なり合っているように見えますが、2枚だけの葉が成長に伴い裂けて数百年の間にこのような形になるそうです。

近寄ると茎の周りに花?蕾?が出ていました。

一段落して辺りを見渡すと何もない荒野です。

記念写真を撮ってホテルに戻りました。

2019/09/09 WalvisBay,Namibia,EOS7D2+100-400mm,iPhone

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

ムネアカハイタカ(Rufous-breasted Sparrowhawk)

南アフリカでの鳥見は終了。

午後遅くなって出発、ワイナリーの続く道を走って向かったのは、

Jonkershoek Nature Reserveという無名の自然保護区。たまたま地図を広げて見つけました。

入口近くの森で猛禽を見つけました。ムネアカハイタカ(Rufous-breasted Sparrowhawk)だと思います。

保護区の入口についたらゲートは閉鎖、17時前にはクローズのようです。そばにいたアフリカジュズカケバト(Cape Turtle Dove)を撮って戻りました。

ワイナリーに戻ると出迎えてくれたのは、

ヒメミツオシエ(Brown-backed Honeybird)。

ワイン畑の向こうに夕日が沈み、

3度目の南アフリカ訪問、7日間の滞在もこれで終了。

明日からは初訪問となるナミビア旅行が始まります。

2019/09/08 Stellenbosch,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,iPhone

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

テンニンチョウ(Pin-tailed Whydah) 求愛の舞

朝日のもとで。

翌朝起きて外に出たら再びテンニンチョウ(Pin-tailed Whydah)の♂が現れました。

長い尾を上げたり、

下げたりしていましたが、

♀がやってくると、

派手に飛び上がって、

求愛のディスプレイを始めました。

求愛の結果は見届けずに、

料理を作ったらテラスで朝食。ワインは欠かせません(^^; 

このロッジ、部屋は良かったのですがトイレが故障してしまい、別の部屋に交換してもらいました。

前よりは奥まった場所で落ち着いた雰囲気です。

そうこうしている内に午後になってしまいました。これから鳥見に出かけます。

2019/09/08 Stellenbosch,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,iPhone

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

チッチゼミ

軽井沢の夏の動物

1ヶ月ほど前、家の中に小さいセミが入ってきて網戸に止まりました。全長2cmぐらいのチッチゼミです。軽井沢では時々声を聞きますがとても小さいので見たのは初めて。部屋の明かりをつけてスマホで撮ってから外に出してあげました。

家の周りにはホンドリスも良くやってきます。どこかに貯めておいたのかクルミを齧っていました。

ニホンカワトンボも庭に現れます。

こちらはオオムラサキを見た場所でのトンボたち。ミヤマアカネ♀と、

オゼイトトンボでしょうか、青がきれいです。

水辺を飛び回るハグロトンボ。

夏は多くの動物や昆虫に出会えます。

2022/07/03,07 軽井沢周辺,EOS7D2+100-400mm,iPhone

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

オオムラサキとゴマダラチョウ

オオスズメバチも参戦。

毎年樹液にオオムラサキが来る場所へ1ヶ月ほど前に行きました。昨年と同時期です。

オオムラサキ - レッドドラゴンの鳥見旅行記

最初に出会ったのはゴマダラチョウ

時々翅を広げながら樹液を吸っています。

上空へ飛んでは梢の葉の上で休憩。

一方離れた葉の上で待っていたオオムラサキ♂が、

樹液を吸いにやってきました。

いつの間にか2頭になり一番いい場所を取り合っています。

樹液を求めてコムラサキ(右)やジャノメチョウ(左下)も現れますが、

オオムラサキには敵いません。

しかし一番の好敵手オオスズメバチが飛んできて、

追われてしましました。

いったん体制を立て直し、

もう一度戻ると今度はゴマダラチョウが近付いてきました。

なんとか同じ場所を仲良く分け合っていました。

2022/07/07 軽井沢周辺,EOS7D2+100-400mm

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

オオムラサキとゴマダラチョウ

オオスズメバチも参戦。

毎年樹液にオオムラサキが来る場所へ1ヶ月ほど前に行きました。昨年と同時期です。

オオムラサキ - レッドドラゴンの鳥見旅行記

最初に出会ったのはゴマダラチョウ

時々翅を広げながら樹液を吸っています。

時々上空へ飛んで梢の葉の上で休憩。

一方離れた葉の上で待っていたオオムラサキ♂が、

樹液を吸いにやってきました。

いつの間にか2頭になり一番いい場所を取り合っています。

樹液を求めてコムラサキ(右)やジャノメチョウ(左下)も現れますが、

オオムラサキには敵いません。

しかし一番の好敵手オオスズメバチが飛んできて、

追われてしましました。

いったん体制を立て直し、

もう一度戻ると今度はゴマダラチョウが近付いてきました。

なんとか同じ場所を仲良く分け合っていました。

2022/07/07 軽井沢周辺,EOS7D2+100-400mm

クリック頂けると幸いです、コメントも歓迎です。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

テンニンチョウ(Pin-tailed Whydah)

天人の舞 

ロッジすぐ脇の林に長い尾をひらひらさせた鳥が現れました。

テンニンチョウ(Pin-tailed Whydah)のオスですね。

以前ウガンダボツワナで見ましたがこんな近いのは初めてです。

テンニンチョウ(Pin-tailed Whydah) - レッドドラゴンの鳥見旅行記

テンニンチョウ(Pin-tailed Whydah) - レッドドラゴンの鳥見旅行記

 

あたりを飛び回っては梢の枝にとまります。

よく見ていたらオスが飛んでいるそばにメスもきていました。

オスの飛翔はメスに対する求愛のダンスのようですね。

逆にオスがとまってメスが飛んでいるシーンもありました。

スマホで撮った夕焼けのテンニンチョウ。

夜は冷えるので部屋に戻って薪スト-ブを燃やします、軽井沢を思い出しました。

2019/09/07, Stellenbosch,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,iPhone

参考になったらクリック頂けると幸いです。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ