レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

セアカミツユビカワセミ(Rufous-backed Kingfisher)

赤い宝石(^^)

ギリマヌ近辺で充分鳥を見た後トゥリマ河口(Terima Bay)付近で探鳥です。浜辺とは打って変わって木が生い茂る熱帯雨林の薄暗い環境です。
一番の狙いはセアカミツユビカワセミ(Rufous-backed Kingfisher)、バリ島遠征の主目的の一つです。道なき道を歩いて水が涸れかけた川床につくとYudiさんが早速手招きします。300mmで撮るとこんなに遠くて暗いのに良く見つけてくれますね♪



デジスコをセットするのに手間取る内に逃げられてしまい、がっかりしていると反対側にいるのをまた教えてくれました。今度も遠いのでだるまさんが転んだのように進んでは止まり、時間をかけてかなり近くまで寄りました。枝は被っていますが木漏れ日が当たって見事な赤さです。



狭い川床の奥にいるので枝被りの位置から外れることができません(^^;



その内更に奥にいきました。今回も手前に枝はありますが違う角度で見られます。



かなりの枚数を撮ったので元の場所に戻ると、最初の枝に再び来ていました。途中に水たまりがあってこれ以上は近付けません。



元々開けた場所では殆ど見られない鳥なのでこれだけ近く明るく撮れたのは満足です。

2011/11/28 BaliBarat,Bali, EOS50D+70-300mm,STM80HD+S95