レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

阿里山のミヤマビタキ(Ferruginous Flycatcher)

早朝の鳥見

 

阿里山は1泊のみ、早朝ホテルの近くを歩きました。すぐそばに来てくれたのはミヤマビタキ(Ferruginous Flycatcher)。

f:id:reddragon5860:20190725094412j:plain

頭の後ろに枯れ枝が出て帽子みたいですね(^^;

 警戒心が薄いのかすぐそばでゆっくり。腰のオレンジ色が目立ちます。

f:id:reddragon5860:20190725094918j:plain

 

ヤブドリ(Steere's Liocichla)が枝の上、目に黄色いスポットがあります。

f:id:reddragon5860:20190725095454j:plain

動きが速くて追いつけません。

f:id:reddragon5860:20190725095532j:plain

その他シマドリ(Taiwan Barwing)や、

f:id:reddragon5860:20190725095727j:plain

カンムリチメドリ(Taiwan Yuhina)を見ましたが、

f:id:reddragon5860:20190725095847j:plain

中国からの団体客があふれるほど来ていたので十分な観察はできませんでした。諦めて宿へ戻る途中、駅に保存されていたのは

f:id:reddragon5860:20190725101908j:plain

阿里山森林鉄道のシェイギヤードロコです。一般的なSLでは水平なシリンダーからロッドを経由して動輪を回しますが、シェイギヤードでは垂直なシリンダーから水平なロッドを回転させ、ギヤを使って動輪を回します。この駅ではシリンダーのある右サイドに近寄れないので分かりにくいですが、シリンダーが3気筒垂直についているのがわかります。

f:id:reddragon5860:20190725104125j:plain

鉄道少年だった60年ほど前には阿里山森林鉄道やインドのダージリン・ヒマラヤ鉄道に憧れていたものです。ホテルのロビーには模型が置いてありました、こちらは2気筒のモデルです。

f:id:reddragon5860:20190725105015j:plain

嘉義には動態保存されているSLがあるらしいので動く姿も見てみたいですね。

朝食後はゆっくり下山して嘉義駅でガイドと別れ、高鐵で台北へ向かいました。

f:id:reddragon5860:20190725105813j:plain

2019/05/27, 阿里山,台湾,EOS7D2+100-400mm,iPhone

参考になったらクリック頂けると幸いです。

野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ