レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

ツノの生えたタカ?-ランカウイ(6)



ランカウイ猛禽類の多い場所のようで、島のシンボルにもなっています。その中で最初にみつけたのがかなり遠くの梢にとまっていたこの鳥です。Crested Goshawk(カンムリオオタカ)ではないかと思いますがわかりません。頭の後ろに木の蔓のようなものがあってまるでツノのように見えます。この後そばにいたカワセミ類の動きに気をとられ、とんだ姿は見ていません。