レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

メタリックな輝き-ランカウイ(16)

宝石のような輝きのツバメです。

ほとんど飛び回っているツバメですが、朝夕だけは枝や杭の上に休んでいます。Pacific Swallow(リュウキュウツバメ)がこんなに光沢があるとは思いませんでした。



サイズは小さいけれど朝陽を浴びるととてもきれい。



同じツバメが夕日のもとでは光の角度でこのように見えるのか。それともBarn Swallow(ツバメ)なのか。どちらでしょう。