レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

11/24(5)サンホセへ向かう公園にて




カラーラからサンホセへ、ワイン付き昼食の後で運転手付き車の中ですから半分眠っていたところ、とある市街地の公園脇で停車。そうです、ここがかの有名な(どこで?)公園に定住するフクロウとナマケモノがいる場所なのです。公園に入るとすぐに子供達が寄ってきて案内してくれました。ナマケモノは眠っているのでパスしてBlack-and-white Owl(シロクロヒナフクロウ)がいる木の真下へ。思った以上に大きな梟でデジスコでは全身が入らず上半身のドアップになりました。全身像はFZ30で。パソコンでじっくり見ると迷惑そうな顔にも見えます。フクロウさん、お邪魔しました。
後はまっすぐサンホセ郊外のブーゲンビリアホテルへ。ここで3日間お世話になった露木さんともお別れです。露木さん 本当に有難うございました。おかげで沢山の美しい鳥を見ることができました。
明日からは我々だけでゆっくりと鳥見の旅を続けます。