レッドドラゴンの鳥見旅行記

夫婦二人の個人旅行で世界中をバードウォッチング。

2016SouthAfrica&Oceania

州議事堂とタテガミガン(Australian Wood Duck)

朝の市内見物♪ 翌朝もTRAMに乗って市内見物。ヴィクトリア州議事堂(Parliament House)。建物の周囲にある街灯もいいですね。反対側はHotel Windsor。更に歩くと立派な旧財務省(The Old Treasury Building)の前に。そばにある池には、タテガミガン(Australian…

メルボルンの市電

中心部は無料♪ 天気が回復してきたので市電(Tram)に乗って見物に出かけました。レトロな電車が多く走っています。City Circle Tramという中心部を回る市電は無料で乗れます(^^) 内部もレトロですね。勿論新型車両もあります。こちらは内部もモダン。2016/11/…

ツチスドリ(Magpie Lark)

メルボルンは春の嵐。宿泊したのは市内中心部にあるFlagstaff Gardensに隣接するホテル。朝食をとっている時は穏やかだったのですが、鳥を見ようと出かけて行ったら強風で鳥の姿がありません(+o+) なんとかツチスドリ(Magpie Lark)を見つけました。この後雨…

ヌーメアからメルボルンへ

オーストラリア滞在の始まり。午前中に空港でレンタカーを返すと、ヌーメアの空港ともお別れです。我々の乗ったカンタスの隣にはエアカランの飛行機。南太平洋のサンゴ礁を見ながらシドニーに到着。ここで乗換えて、メルボルンまで。国内線ですがしっかりし…

夕焼けのヒジリショウビン(Sacred Kingfisher)

南太平洋の夕日♪ ニューカレドニア最後の夕方、車で海岸沿いを走り最南端で日没を鑑賞。戻り道の車道の真上にカワセミらしい姿。道端の空地に駐車して撮りましたがISO100で真っ暗(^^; 気を取り直してISO2000に設定、ヒジリショウビン(Sacred Kingfisher)でし…

ヌーメアの市場

新鮮な魚介類♪ ヌーメアのヒルトンはキッチンがついているので翌朝は市場に行ってきました。陽気な店員さん。この魚屋で刺身用のマグロと有名な天使のエビを買いました。野菜売り場も充実しています。外へ出るとオナガカエデチョウ(Common Waxbill)や、シリ…

ギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)と胴吹きの花

珍しい花です。薄暗くなり始め、車で公園のゲートを出たところに面白い木がありました。幹全体に直接花が出ている胴吹きの状態です。学名をJambosa longifoliaというユーカリの祖先から分かれた仲間ですが和名はまだついていないようです。ご存知の方がいら…

新婚のミナミチュウヒ(Swamp Harrier)

遠すぎました。やっとカグーを見て、船で駐車場に戻ってきたのは夕方。川を見ていると遥か遠くにミナミチュウヒ(Swamp Harrier)らしき姿。横をもう1羽が飛んでいって、気が付くと枝にいる♀の元にやってきました。交尾していると分かったのは画像を拡大して…

カグー(Kagu)

ニューカレドニアで最も有名な鳥。リビエールブルーに来る人の最大の目的は飛べない鳥カグー(Kagu)を見ることです。最終的にはすぐ近くを歩く姿が撮れましたが、そこまでの経緯は大変でした。リビエールブルーの南半分は車で自由にドライブできますが、カグ…

雨のギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)

リビエールブルー州立公園。この日は朝からリビエールブルーへ、狙いは勿論飛べない鳥カグー。小雨の中ヌーメア郊外で道を間違え、時間をロスして到着。小止みなく降る雨の中梢にとまる鳥を発見、ギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)です。頭に雨粒が光…

浜辺のゴシキセイガイインコ(Rainbow Lorikeet)

スマホしかありません(^^; 翌朝ホテルの部屋から海を見るとパドルを持ってサーフボードに乗る人が。その後一眼は部屋に置いて浜辺に散歩へ、のどかな雰囲気のビーチです。松の実を食べる大き目の鳥、オーストラリアに多いゴシキセイガイインコ(Rainbow Lorik…

ヌーメアのギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)

今日からヌーメア。ヌーメア近くのジャカランダの花にギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)がいました。花の蜜を吸っているようです。逆立ちして器用ですね♪ ヌーメアの宿はアンスバタ(Anse Vata)のビーチにあるヒルトン、テラスから見る椰子の木と海が…

ハス池のオーストラリアセイケイ(Australasian Swamphen)

ヌーメアへ向かいます。この朝ブーライユをチェックアウト、次の目的地ヌーメアへ向かいます。途中ファリーノ近くのハス池で一休み。良く見ると中央を歩く鳥が、オーストラリアセイケイ(Australasian Swamphen)ですね。枯れ木の上にモリツバメ(White-breaste…

ヒノマルチョウ(Red-throated Parrotfinch)

個性的な色と柄♪ 渓流の岩場に小さくて真っ赤な鳥が現れました。ヒノマルチョウ(Red-throated Parrotfinch)です。何かくわえているようですね。細くて小さな木の花か実を食べていました。緑の体に赤い頭、確かに顔が日の丸です。日本で調べた時も最も見たか…

カレドニアセンニョムシクイ(Fan-tailed Gerygone)など

渓流の上で。公園を出た戻り道、標識のあった渓流そばのT字路で鳥見。カレドニアセンニョムシクイ(Fan-tailed Gerygone)が藪の中で動いていました。そばの茂みの上でシマコキン(Chestnut-breasted Mannikin)が囀っています。ペアで渓流に出て水浴びをしてい…

Green-bellied Tree Skink

ニューカレドニアのトカゲ。大木の根元で動きがありました、トカゲです。ネットでいろいろ探した結果、Green-bellied Tree Skinkのようです。和名はわかりません。上ではカノコバト(Spotted Dove)がびっくりしていました。2016/11/01 Farino,NewCaledonia,EO…

ヨコジマミツスイ(Barred Honeyeater)など

どちらも固有種。木の上で虫をくわえる鳥、ヨコジマミツスイ(Barred Honeyeater)ですが枝被りで良くみえません。こちらはギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)、島中で見かけます。ゴクラクチョウの花にきて、蜜を吸って、飛んでいきました。2016/11/01 …

モリツバメ(White-breasted Woodswallow)

電線で昼寝(^^; 電線の上でぴったりとくっついているモリツバメ(White-breasted Woodswallow)のペアがいました。こちらのことは気にせず昼寝の最中♪ 他を歩いて戻ってきたら1羽が飛び立ちました。残された1羽はこちらを睨んでいます(^^; 切り株の上にいる…

アカハラモズヒタキ(Rufous Whistler)

首輪がお洒落♪ 林縁でアカハラモズヒタキ(Rufous Whistler)が動き回っていました。喉は真っ白、お腹はオレンジ、間を分ける黒い首輪がお洒落です。背中は割合地味ですね。オーストラリアでも全土に分布しています。2016/11/01 Farino,NewCaledonia,EOS7D2+10…

ハイイロオウギビタキ(Grey Fantail)

せわしないディスプレイ。ニューカレドニアで見る鳥の大半はオーストラリアと共通です。ハイイロオウギビタキ(Grey Fantail)もその代表的な鳥。南半球は春、♂は求愛のディスプレイに余念がありません。動きがせわしなくすぐにブレてしまいます(^^; 2016/11/0…

カレドニアガラス(New Caledonian Crow)

道具は見えず(^^; 公園入口近くの木の上にカレドニアガラス(New Caledonian Crow)が現れました。細い棒を使って木の中の虫をとることで一躍有名になりました。残念ながら今日は道具を持っていません。こちらはカレドニアカラスモドキ(Striated Starling)のペ…

カレドニアメジロ(Green-backed White-eye)

閉園日!? Parc des Grandes Fougeresの入口にたどり着くと門が閉まっています。帰りに曲がり角の標識を良く見たらフランス語で火曜日休園と書いてありました(^^; 門を押したら開きます。そこで中を少し見物することに。出迎えてくれたのは、カレドニアメジロ…

オナガナキサンショウクイ(Long-tailed Triller)

浜辺から山へ。翌日は島中央の低い山にあるFarino近くのParc des Grandes Fougeres(大きな羊歯の公園)へ鳥見に行くことに。ホテルの庭にいたのはオナガナキサンショウクイ(Long-tailed Triller)、今日は近くで、濃い茶色が目立ちました。次にFarino近くの丘…

Poeの浜辺

花と山火事(^^; ホテル前に広がるPoeの海岸、南国の花の下を抜けていきます。遠浅の海なので、沖の方でパラセーリングを教えていました。乾燥した晴天、フランス語のボードに火事のリスクが大変高いと出ています。事実買物に出たら道路のすぐ脇で山火事が発…

ギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)

南太平洋の鳥。朝早く庭から鳥見。サボテンにとまる地味な鳥はギンミミミツスイ(Dark-brown Honeyeater)。ニューカレドニアやバヌアツ周辺の固有種です。飛ぶ姿がいいですね♪ 同じく周辺の固有種オナガナキサンショウクイ(Long-tailed Triller)が上で囀って…

ニューカレドニアに到着

海がきれい♪ 翌早朝ホテルからの朝日、このまま空港ラウンジで朝食。機内から、泊ったRidgesホテルの近さが分かります。飛行時間は約3時間、ニューカレドニア近くの海はエメラルドグリーンでした。ヌーメアの空港に到着、南国の日差しです。早速レンタカー…

ヨハネスブルグからシドニーへ

殆ど夜間飛行(^^; ヨハネスブルグからシドニー、南半球での東西移動は初めてですが距離的にはヨーロッパから日本と同じぐらい。ビジネスの席は多めですが随分混んでいました。夕方発の予定が大分遅れたのでQANTASのパジャマに着替えて夕食、すぐ眠りました。…

キアシオリーブツグミ(Kurrichane Thrush)など

アフリカとお別れ。ボツワナ最終日の朝、ベランダから真下を見るとキアシオリーブツグミ(Kurrichane Thrush)が地面をつつきながら歩いていました。目の前の丁度いい止まり木にマミジロイワスズメ(Yellow-throated Petronia)、いずれも初見の鳥です(^^) 同じ…

オグロヌー(Blue Wildebeest)など

夕焼けが美しい♪ モコロの船着場に来ると草原にオグロヌー(Blue Wildebeest)のペアがいました。♀が♂に寄り添っていきます。モコロで乗り出した水路にはアフリカマメガン(African Pygmy Goose)。夕焼けに輝く水路。どこからともなくカバ(Hippopotamus)が集ま…

アフリカヤツガシラ(African Hoopoe)など

顔なじみになった鳥たち♪ 夕方のサファリはモコロでゆっくり。船着場に行く途中では毎日出会った鳥が迎えてくれました。アフリカヤツガシラ(African Hoopoe)や、キバシトビ(Yellow-billed Kite)。ヒガシニシキタイヨウチョウ(Marico Sunbird)の♀。タテフコシ…